身体革命講座 in 浜松!

午後の部と夜の部で2回、講座を行ってきました!

午後の部はシニア劇団浪漫座の方が中心メンバー。日常動作や介護動作などの改善が主なテーマとなりました。

みなさんとても明るくて部屋に入った瞬間こちらも明るい気持ちになれました^^

笑いの絶えない講座となり、特に起き上がりの動作をみんなでやるとき、なかなかうまくいかない方をみんなで「あーでもないこーでもない」とアドバイスしながら、できるようになった時には大拍手!

僕もとても楽しく講座ができました。ありがとうございました。

そして夜の部は、『女城主 直虎と椿姫』という公演が来週に控えている「劇団砂喰社」さんの稽古場へ。

演技にも通ずるカラダの使い方と、実際の立ち回りを見ての動きのアドバイスを行ってきました。

切り結ぶシーン

刀を振るシーンでも、腕だけで行わず全身を使うと大きな動きとなって迫力が出ることや、姫がつかまれた腕を振り払うシーンに護身術の動きを取り入れると、実際にうまく振り払っているように見えることなどをアドバイスさせていただきました。

姫に小刀の指導

カラダの使い方を追求するということは、どんな場所や分野にも応用可能な事なんです。そもそも古武術は自分のカラダを最大限に活用しようという試みの結果なので、様々なところに応用できて当然なんですね。

これからもいろんなジャンルや動きに応用し、競技や仕事、生活全般の向上に役立ててもらえるようがんばります!

劇団浪漫座、砂喰社のみなさん、本当にありがとうございました。公演楽しみにしております^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP