強風の中こそ修行

今日は風が強く、一本歯での片足立ちには過酷な条件。

 

だからこそ修行が楽しい。

 

全身のモニタリングと、精神面でのモニタリング(集中)の両方が大事。

 

突発的に風が吹いてきても、ある程度対応できる余裕をいつも持たせておく必要がある。

 

今まで動いていなかった部分が必要性を感じ、姿勢を保つために働きだしてくれる。

 

それに関係ないことを考えないように、無駄な思考が削られていく。

 

それでいて、精神と体は自由に動き始める。

 

たった一組の下駄だけで、これだけ多くの世界が身体から現れてくる。

 

だから『カラダ自体がおもしろい』のだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP