伝達と感覚

今見た風景を、そっくりそのまま言葉だけで伝えることはできない。

それと同じで、今やった動きの感覚全てを言葉で伝えることは、絶対にできない。

感覚で理解することはその人固有のもので、誰にどれだけ教えられても、最後にはその人が行うより他はない。

しかし、言葉というものもすごい。

小脳や運動野で起きている運動に関する神経伝達の現象を、『音』という全く異なる現象に置き換えて相手の脳内に再現しようという行為なので、どれだけ奇跡的なことをしようとしているのかということ。

これも、素晴らしい試みである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP