剣(つるぎ)を献上するかのように

今日はうやうやしく動いてみた。

剣(つるぎ)を王様に献上するかのように。

架空の設定でも、目的を持たせた途端に動きが変化するのが面白い。

人間は状況に応じて動く生き物なので、様々な状況を自らの内面に作り出すことで動き方や感じ方、振るまい方を変えることができるのだと思う。

集中力を極限まで高めたいときは、甲野先生と対峙している時のことを思い出したりします。

甲野先生と対峙している時は自分の持てる能力を全て発揮しなければならないので、先生が目の前に居ると思って動くと精度が格段に増します。

ずっとそんな風にしていることはできなくてもここぞという時にその「モード」に入ると、他のことは考えずそこに集中できるようになります。

皆さんにとっての「集中力MAX」になる状況ってなんですか?

みんなどういう時にそういうモードに入るのか知りたいので教えてください(^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP