自分固有のもの

『誰にでもわかる、当たり障りのないこと』ではなくて、『自分にしかわからない気持ち』『自分にもよくわからない感情』こそ、外に出そう。

それは言葉としては出ないかもしれない。

いつでもできるものでもないかもしれない。

その人にしか持ちえない感情や感覚、思考こそ、善悪は別にして本当のことであり、少なくとも他人へ危害を加えるようなものでない限りは、表現して悪いということもないはず。

むしろそういった『固有のもの』はみんなが持っているのであり、そういうものこそ深く共感できたりするのだと思う。

『悪意』は別としても、『悲しみ』や『辛さ』は我慢するより出してあげた方が良いと思います。

「悲しみには人を癒す力がある」

これは作家・写真家の藤原新也氏の言葉です。

それはちょうど、この歌のような感じなのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP