守伸二郎先生の講座へ初参加

おととい(土)は守(もり)伸二郎先生の講座へ初参加。

守先生は30年ほど前に甲野先生に出会われてから、甲野先生の術理や中国武術「韓氏意拳」などを学ばれ、現在では全国各地で韓氏意拳や独自の身体操法を伝えられています。

以前から聞いていた「噂」通り笑いの絶えない講座で、ご自身をめちゃめちゃ謙遜(むしろ自虐 笑)される先生なのですが、体に対する理解とその伝え方が非常にわかりやすく、それでいて時折見せる眼光の鋭さには思わず引き込まれてしまう迫力がありました。

今回教えて頂いたものは守先生いわく「入口の入口くらいのものです」と仰ってましたが、僕にはそれだけでも十分深みを感じました。

それと同時に、今後待ち受けているもの、これから行くべきレベルの世界から見れば、確かに「入口の入口」くらいのことなんだろうとも感じました。

「体というものは奥の深いもの」と言ってしまえばなんとなくそんな気はすると思いますが、それが「実際にどんなものか」ということは全く知らないと言っていいと思います。

「知らない」ということを実感で理解、体感させてもらえることがどれだけ貴重な事なのかを教えて頂ける講座でした。

なまじ何かを知ったつもりにならず、常にオープンな状態で学んで行きたいと思います。

守先生、主催のオトテル企画さんありがとうございました。またよろしくお願い致します!

守先生プロフィール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP