竹はしなる。

竹はしなる。

グググッと力を込めても、全体がしなることで力を逃がす。

均整のとれた硬さと柔らかさ。

その竹の一部分を、鉄のように「より硬いもの」に置き換えたらどうなるか。

そこから先へ力を逃がすことができず、鉄と竹のあいだから折れてしまうことでしょう。

筋トレも同じ。

そこだけ、部分だけを鍛えると周りとの整合性が失われ、その部分が1番弱くなる。

だから、見た目以外の目的で体を鍛えるなら自然の中で活動したり、様々な体を使う仕事など「動きの質」も同時に大切になるような環境でやらないと、自らの努力で自らを弱くしてしまいかねません。

そもそも人間の体はそんな単純にはできていないので、鍛える以上に「理解する」ことが大切だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP